てんこ盛り!芸能ニュース

てんこ盛り!芸能ニュースは2chまとめブログになります。
日々てんこ盛りでお届けします!

    カテゴリ: 女優


    黒木 (くろき ひとみ、1960年(昭和35年)10月5日 - )は日本の女優、タレント、歌手、映画監督。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。 福岡県八女市(旧・八女郡)黒木町出身。所属事務所は2011年10月11日よりポエムカンパニーリミテッド。 出身地・黒木町(くろぎまち)に因み同郷の五木寛之(八女市
    57キロバイト (7,317 語) - 2020年11月3日 (火) 08:48



    (出典 torigei.com)


    良く考えて発言しましょう!!

    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/09(月) 16:59:56.47 ID:CAP_USER9.net

    「健太郎が今1人で留置場にいると思ったら、すごくかわいそう。涙が出そうだ」

    自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕、釈放された伊藤健太郎に対し、冒頭のように擁護した女優の黒木瞳。そのことで、彼女に対し世間から批判の声が続出している。

    黒木は自らが監督を務め伊藤が主演の映画『十二単衣を着た悪魔』の公開記念舞台あいさつに11月7日登壇。舞台挨拶に伊藤は欠席し、伊藤に関する発言もなかったが、イベント終了後に映画関係者が取材に応じた。

    「関係者の話では黒木さんは伊藤さんを“我が子のようにかわいがっていた“”と話していたようです。そういう思いもあって、“健太郎が今、1人で留置所にいると思ったらすごくかわいそう。涙が出そうだ”と心配していたようです。

    留置場から弁護士を通じて謝罪の手紙が黒木さんの元へ届き、釈放後には直接電話で話したと。黒木さんは“応援しています”と温かい声をかけると伊藤さんは“すみません、感謝しています”と号泣したそうです」(スポーツ紙記者)

    お世話になった人から励ましの言葉をかけてもらい感涙したという美談ではある。知人のことを思う黒木の気持ちもわかるが、しかし世間はそうは甘くなかった。SNSやヤフーコメントなどでは、伊藤よりも黒木に対して批判が殺到した。

    《一人で留置所にいるのが可哀想?え、可哀想なのは轢かれた上に逃げられた被害者ですけど?》

    《美談にしたかったのかもだけど、逆効果。ひき逃げした人に“応援しています”はないよね》


    などなど…。結局。黒木の映画は撮り直しなしで、そのまま公開することになった。伊藤が出演していた『とんかつDJあげ太郎』も撮り直しなしの公開となったが、『鬼滅の刃』などの強力な作品を前に芳しくないスタートとなったようだ。

    また伊藤が主演を務める予定だった舞台『両国花錦闘士』の降板も発表された。稽古もすでに始まっているが中止はせず、伊藤の代役を探すようだ。即稽古ができて、1月中旬の千秋楽までスケジュールを抑えるとなると俳優選びには非常に苦労することが予想される。

    「関係者いわく被害者との示談は進んでいるようですが、伊藤さんへの世間のイメージは一気に悪くなった。バイクの2人を轢いて逃げたあと、目撃していた70代の男性が追いかけて、信号待ちの伊藤さんの車の前に出て逃げられないように妨げる防犯カメラの映像まで公開されました。週刊文春によると伊藤さんは当初その男性に『なんだオメエ!』と悪態をついたといいます。逃げる気マンマンのところ邪魔されたので激高した…ととらえられても、仕方ないでしょう」(芸能リポーター)

    示談といえば、誠意ある謝罪と示談金が支払われることが多いが、芸能界ではそれで禊が終わるという単純な話ではない。“人気商売”という芸能界を生き抜く中で、世間は伊藤にどう判断を下すのだろうか――。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/755acbfc0cba65059e4d71c53216e185bfee66b9

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    関連
    【芸能】黒木瞳「1人で留置場にいるなんて涙が出るくらいかわいそう」 伊藤健太郎の逮捕時 [豆次郎★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1604810174/


    【黒木瞳の「健太郎がかわいそう」発言に批判殺到!一人で留置所にいるのが可哀想?】の続きを読む


    本田 望結(ほんだ みゆ、2004年6月1日 - )は、日本の女優、タレント、フィギュアスケート選手。 京都府京都市伏見区出身。テアトルアカデミーを経て、オスカープロモーション所属。兄はフィギュアスケート選手の本田太一、姉はフィギュアスケート選手の本田真凜。妹は子役であり、フィギュアスケーターでもある本田紗来。
    42キロバイト (5,640 語) - 2020年11月2日 (月) 10:30



    (出典 encount.press)


    昔はもっと可愛いかったよね〜

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/09(月) 07:14:50.18 ID:CAP_USER9.net

    女子フィギュアスケーターで女優・タレントとしても活躍する本田望結が8日、自身のインスタグラム(@miyu_honda_official)を更新。可憐な着物姿を披露し、ファンの注目を集めている。

     年賀状作成サービス「ふみいろ年賀状2021」のイメージキャラクターを務める望結。今回の投稿では、その撮影に臨む様子を捉えた4枚の写真をアップした。1枚目は両手を大きく広げてポーズを決めており、2、3枚目にはカメラ目線で写ったカット。最後はクールな表情を浮かべた全身ショットが掲載されている。    文面では「今年も残すところ一カ月と少し 環境の変化に右往左往の一年だった気がします」などと振り返り、同投稿をアップ。これをチェックしたファン・フォロワーからは3万7000件の「いいね!」が殺到するなど、さすがの人気ぶりで反響を集めた。  今季から「プリンスホテル」所属となり、シニアデビューを果たした望結。先日出場した東日本選手権ではショートプログラム(SP)でジャンプミスが相次ぎ、39.34点の26位で惜しくもフリーに進めなかった。同大会に出場していた姉の真凜は合計144.11点で10位に入り、6年連続で全日本出場権を獲得している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/92e9935973a05ebc7f5ee434f5da4451c620db55
    11/9(月) 7:01配信


    (出典 i.imgur.com)


    【【本田望結】が可憐な着物姿を披露し、ファンの注目を集めている。 「環境の変化に右往左往の一年だった気がします。」】の続きを読む


    江口 のりこ(えぐち のりこ、1980年4月28日 - )は、日本の女優。本名および旧芸名は江口 徳子(えぐち とくこ)。兵庫県飾磨郡夢前町(現・姫路市)出身。劇団東京乾電池、ノックアウト所属。身長170cm、血液型はO型。特技はピアノ、中距離走。 5人兄妹(双子の姉、兄2人、妹)の次女として誕生。
    23キロバイト (2,882 語) - 2020年10月22日 (木) 07:15



    (出典 www.aulii.net)


    この方の独特な雰囲気
    結構好きです!

    1 jinjin ★ :2020/11/10(火) 00:16:50.51 ID:CAP_USER9.net

    『スッキリ』でやる気のなさ全開… 女優の態度に賛否「向いてない」「憧れる」
     

    大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)に出演し、ブレーク中の女優・江口のりこが、11月5日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)にゲスト出演。
    やる気のなさそうな態度で炎上…と思いきや高評価が寄せられた。

    江口は登場からうつむいたままで、拍手が起きる中でも一切笑顔はなし。生放送は初めてとのことで、
    「生放送、初めてなんで。いやですね。だって、なんか、うーん…ちょっと困ってます」と、戸惑う様子を浮かべる。


    MCの加藤浩次が「そのダラダラした感じも(映像に)流れてますからね」とツッコミで笑いを誘っても、江口は全く表情を変えず。
    タイトルコールを求められてもカメラの方を見ず、加藤の「カメラ見てもらっていいですか?」という指摘でようやくボソボソとコールを発した。


    トーク場面でも、出演中のドラマ『#リモラブ ~普通の恋は邪道~』(日本テレビ系)共演者に「明るく接することは?」と聞く加藤に対し、江口は「無理です」「する気もないです」と全くにべもない返事。
    共演者とのBBQに憧れているというが、「人とやる方が楽しいけど、気を遣うじゃないですか? それが苦手。人がいるならやめとこうかなと…」など結局断ってしまうというエピソードも明かしていった。


    炎上必至と思われたが意外にも…

    ボソボソとやる気のない態度はその後も続き、「#リモラブ」の番宣でも「次回の見所…次回の見所か」「ちょっと待ってください」とカンペを探してグダグダ。コーナーが終わってスタジオからはけると、「あー終わったー」という疲労にまみれた声も上げる有様だった。


    おおよそ庇いようのない酷い態度に、ネット上には

    《なんで大物っぽく喋ってんの?》
    《こんなヤル気無いならテレビ出るなよ》
    《生放送には向いてないな》

    など、批判的な声が。


    しかし一方で

    《テレビ的にキャッキャして善人ぶってる人よりよっぽどいいな》
    《the 女優って感じ》
    《のりこさん好きだなー憧れる》
    《めっちゃいい人だと思う でも周りに誤解される人なんだろう》
    《この感じ好き》

    など、好意的な声も上がっていた。


    意外なことに、どうやら好感度が上がった江口。
    不思議な光景を目にすることもあるものだ。

    https://myjitsu.jp/archives/140351


    【『スッキリ』でやる気のなさ全開…『半沢直樹』に出演し、ブレーク中の女優・江口のりこに「ヤル気無いなら出るな」】の続きを読む


    上白石 萌音(かみしらいし もね、1998年1月27日 - )は、日本の女優、歌手。本名同じ。 鹿児島県鹿児島市出身。所属事務所は東宝芸能。所属レーベルはユニバーサルJ。妹は女優の上白石萌歌。 子供の頃から歌ったり踊ったりすることが好きで母の勧めで小学校1年生の頃より鹿児島市内のミュージカルスクール
    125キロバイト (17,110 語) - 2020年11月8日 (日) 07:47



    (出典 realsound.jp)


    この賞の判断基準が分からない・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/11/08(日) 15:54:28.79 ID:CAP_USER9.net BE:346644366-2BP(0)


    (出典 img.5ch.net)

    11/8(日) 15:11
    スポーツ報知

    上白石萌音&溝端淳平、今年の「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」に輝く
    今年最も笑顔がステキだった著名人に贈られる「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2020」の授賞式い出席した上白石萌音、溝端淳平
     11月8日の「いい歯(118)の日」を記念し、今年最も笑顔がステキだった著名人に贈られる「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2020」の授賞式が8日、都内で行われ、女優の上白石萌音(22)、俳優の溝端淳平(31)が受賞した。

     上白石は飛びっきりのスマイルで「本当に光栄です。こんなに明るい気持ちになれる賞をいただけてうれしいです」とあいさつ。「ベストスマイル(の賞)をいただいた後に、写真撮影で笑うのはすごく照れますね」とはにかんだ。

     溝端は「ステキな賞をいただけて幸せです。笑顔がデビュー当時苦手で、写真でも映像でも何回もNGを出していた。その時にあきらめず、付き合ってくれた方に『ありがとう』を言いたいです」と感慨深げ。おじが歯科医と言い、「この賞をいただいた時は僕以上に喜んでいた。家族、親戚一同、この賞をいただけたことをうれしく思っております」と喜びをかみ締めた。

    過去10年の受賞者

    10年 松下奈緒、佐々木蔵之介

    11年 武井咲、三浦和良

    12年 剛力彩芽、スギちゃん

    13年 指原莉乃、山本裕典

    14年 橋本環奈、坂上忍

    15年 土屋太鳳、松岡修造

    16年 三宅宏実、松坂桃李

    17年 米倉涼子、草刈正雄

    18年 浜辺美波、桐谷健太

    19年 中村アン、竹内涼真


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=563&q=90&exp=10800&pri=l

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ec5a1c044f9ff2043c7d70ef7ec5011c16b63ba2


    【「ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー」に上白石萌音&溝端淳平「いい歯11月8日」を記念に笑顔がステキだった著名人に贈られる】の続きを読む


    黒木 (くろき ひとみ、1960年(昭和35年)10月5日 - )は日本の女優、タレント、歌手、映画監督。元宝塚歌劇団月組トップ娘役。 福岡県八女市(旧・八女郡)黒木町出身。所属事務所は2011年10月11日よりポエムカンパニーリミテッド。 出身地・黒木町(くろぎまち)に因み同郷の五木寛之(八女市
    57キロバイト (7,317 語) - 2020年11月3日 (火) 08:48



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    何か話が凄くずれている・・・
    可哀そうなのは重傷を負った被害者ですよ!

    1 豆次郎 ★ :2020/11/08(日) 13:36:14.65 ID:CAP_USER9.net

    11/8(日) 5:05
    配信
    中日スポーツ
    伊藤健太郎は
    黒木瞳の電話で大号泣「すいません。すいません。ありがとうございます」 黒木は「1人で留置場にいるなんて」面会要望

     ひき逃げ事故で逮捕された俳優の伊藤健太郎(23)の主演映画「十二単衣を着た悪魔」の公開記念舞台あいさつが7日、東京都内で主役欠席のまま行われた。イベントでは一切触れられなかったが、関係者の話で、伊藤が監督を務めた黒木瞳(60)と逮捕後に手紙や電話でやりとりして大号泣していたことなどが明らかになった。



     関係者によれば、伊藤が逮捕された10月29日、伊藤をわが子のようにかわいがっていた黒木は驚きや怒りをみせた後に「1人で留置場にいるなんて涙が出るくらいかわいそう」と話し、弁護士を通じて会いに行く要望も伝えていたという。
     翌30日には伊藤直筆の手紙が黒木と配給会社宛てに届いた。「私が未熟でこんな事件を起こしてすいませんでした」などと謝罪する内容だったという。

     同日夜に伊藤が釈放されると、伊藤の携帯電話番号を聞いた黒木が直接電話をかけ「こんなことを起こして良くなかった。あなたはダメですよ」と叱責し「これからのこともあるから、周りの人もいるから頑張っていこうね。私も応援します」と優しく激励。これに伊藤は「すいません。すいません。ありがとうございます」と話しながら、電話の向こうで大泣きしていたという。

     現在、伊藤は関係先へのおわび行脚を最優先に行いながら、被害者との示談交渉も進めている。伊藤に対する損害賠償について、映画「十二単衣を着た悪魔」の関係者は「うちはもう公開したので請求しない」と明言した。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c6ea7a4d04e3ecf13665428c7174e64a411bb765


    【【衝撃発言】黒木瞳 伊藤健太郎逮捕に・・・「1人で留置場にいるなんて涙が出るくらいかわいそう」】の続きを読む

    このページのトップヘ