てんこ盛り!芸能ニュース

てんこ盛り!芸能ニュースは2chまとめブログになります。
日々てんこ盛りでお届けします!

    カテゴリ: アナウンサー


    辛坊 治郎(しんぼう じろう、1956年4月11日 - )はニュースキャスター、シンクタンク経営者。元読売テレビアナウンサー、報道局局長待遇解説委員長。妻は元読売テレビ報道局報道部記者で現・ラジオパーソナリティの西岡香、実兄は株式会社大阪綜合研究所代表で元住友ファイナンスエイシア代表取締役社長の辛坊正記。
    42キロバイト (6,141 語) - 2020年11月24日 (火) 21:27



    (出典 bunshun.jp)


    頑張って下さい!
    と言いたい所ですが前回の事もあるので…

    1 征夷大将軍 ★ :2020/11/24(火) 21:34:19.28 ID:CAP_USER9.net

    人気ニュースキャスターの辛坊治郎氏が、2度目となる小型ヨットによる太平洋横断にチャレンジする。

    辛坊氏といえば、‘13年6月に全盲のブラインドセーラー・岩本光弘氏と共に、アメリカ合衆国サンディエゴを目指し福島県小名浜港を出発。

    だが、日本から1200キロ離れた太平洋上でマッコウクジラと思われる生物と衝突し、ヨットが浸水。救命ボートに避難し10時間漂流した後、海上自衛隊の救難飛行艇に救助された。

    「マスコミが待つ厚木基地に飛行艇が到着し、憔悴した辛坊さんと岩本さんがタラップを降りて来るシーンはとても痛々しかった。二人とも疲労困憊の中、すぐに会見を行い、国民への謝罪と命がけで救助した自衛隊員の行動に対し、“素晴らしい国に生まれた”と感謝の言葉を述べていましたね」(芸能レポーター)

    会見で“もう一度、太平洋横断にチャレンジする可能性があるのか?”という質問には

    「これだけたくさんの人に迷惑をかけて口が裂けてももう一回やりたいとは言えないでしょう」

    と話していた辛坊氏。だが、事故から7年の月日が経ち、再び太平洋横断という“長年の夢”に向かう覚悟を決めたという。

    「辛坊さんは来年4月に日本を出発し、前回と同じくサンディエゴを目指す計画を水面下で進めているそうです。現在はテレビとラジオ6本のレギュラー番組を持つ売れっ子で、すでに局側に来年3月いっぱいでの番組降板を申し入れている。

    彼の番組はどれも視聴率がいいですから、上層部は頭を抱えていましたよ。でも、辛坊さんとしては、まさに引退覚悟の“すべてを断って”45年来の夢に向かうつもりなのでしょう」
    (テレビ局関係者)

    前回の航海はテレビ局の企画だったが、今回はすべて自腹。無寄港しかも伴走船などもなく、まさに単身でチャレンジするという。

    「前回のときは多額の救助費用などにバッシングなどもありましたが、辛坊さんはすぐに日本水難救済会に500万円を寄付した。命がけで救助してくれた自衛隊員などにも、すごく責任を感じていました。それだけに今回は“もしものときも誰にも連絡せずに全部自己責任”と周囲に漏らしているくらい、悲痛な覚悟でチャレンジするみたいですね」(ラジオ局関係者)

    前回、一緒にアメリカを目指した岩本氏は‘19年に別のペアと世界初の「ブラインドセーリング」での無寄港太平洋横断を成功させている。そのことも、辛坊氏にとっては刺激になったはずだ。

    そこで、2度目の挑戦と番組降板について辛坊氏に質問すると、

    「来春に太平洋横断に再チャレンジするつもりで準備を進めているのは事実です。各番組関係者とは話をしておりますが、完全に結論が出ている訳ではありません」

    とのこと。着々と準備は進んでいるようだ。

    一度は死を覚悟し、地獄を見た辛坊氏。それでもあきらめ切れなかった“男の夢”へのチャレンジに、心から応援したい――。

    FRIDAY DIGITAL2020年11月24日
    https://friday.kodansha.co.jp/article/147562


    【太平洋横断に再挑戦!【辛坊治郎】レギュラー全て降板】の続きを読む


    阿部 華也子(あべ かやこ、1996年6月18日 - )は、日本のタレント、キャスターである。所属事務所はセント・フォース。身長は165cm。 岩田中学校3年生の時に同校文化祭のDVDに出演したことをきっかけにカメラマンにスカウトされ、大分県のご当地アイドルグループ「SPATIO」のメンバーとして活
    9キロバイト (1,060 語) - 2020年10月20日 (火) 11:18



    (出典 storage.mantan-web.jp)


    あああ・・・
    癒しの時間が無くなるのか・・・

    1 jinjin ★ :2020/11/23(月) 23:59:25.98 ID:CAP_USER9.net

    阿部華也子『めざまし』クビへ… “10分濃厚キス”の代償


    2016年から『めざましテレビ』(フジテレビ系)お天気キャスターを務める、『セント・フォース』所属のキャスター兼タレント・阿部華也子。
    「好きなお天気キャスター」2年連続首位と、飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女に、〝最大のピンチ〟が訪れている。

    きっかけとなったのは、11月17日発売の写真週刊誌『FLASH』に掲載されたスキャンダルだ。
    表紙に躍っているのは、
    《阿部華也子〝ナンパ酒場〟で濃厚接吻10分》という何とも聞き捨てならない見出し。
    しかし、さらにショッキングなことに、記事には阿部の驚くべき生態が、〝濃厚接吻〟を交わした男性の告発と共につづられている。


    「記事によると、阿部は大学在学中だった2年前、〝出会い目的の場〟として有名な新宿歌舞伎町のバーに友人と来店。テキーラのショットをあおってテンションを上げると、『〝いいムード〟になった』と壁に押し付けてキスをした告発男性を、なんと舌とともに受け入れました。当然、店には他の客もいますが、阿部はお構いなしに濃厚キスを続行。その時間は10分にも及んだとのことですから、相当に唾液を交え、舌を絡めたことがうかがえます」(芸能ジャーナリスト)


    学生時代から出会い目的のバーに赴き、テキーラを飲んで濃厚キスを10分も続行…。
    よほど遊び慣れていないとできないような流れであり、爽やかかつ、清楚な朝の顔は〝虚像〟のようにも思えてしまう。



    朝番組にそぐわぬイメージ定着で“実質クビ”か…

    裏の顔を暴露されてしまった阿部。ギャップの凄まじさからインパクト大なこのスキャンダルに、関係各所は怒り心頭らしく…。

    「大学生が出会いバーで、見ず知らずの男と長時間舌入れキスなんて、根っからの遊び人でないとできないこと。表では清楚ぶっていましたが、実は相当なパリピだったと言わざるを得ません。当然ながら、こうした行為は、爽やかさが求められる朝番組の出演者にはあるまじきこと。『好きなお天気キャスター』V2で、勢いに乗る中だったこともあり、フジテレビは、編成はおろか上層部までカンカンだと言います」(週刊誌記者)

    既に具体的な処分方法も浮上しており、阿部が仕事を失うことは避けられそうにないという。


    「朝らしい爽やかさで売っていた女性が、知らない男と10分も濃厚キスしていたという衝撃を考えたら、たとえ過去の話でも黙って見過ごすわけにはいかないでしょう。しかし、不倫とは違うため、表立ってすぐ処分するわけにもいきません。そこで、来年3月の改変をもって、番組卒業という名の〝クビ〟にすることが内定したそうです」(芸能プロダクション関係者)


    男女問わず、欲にかまけて自滅する者が後を絶たない芸能界。
    とはいえ、まさか清楚なイメージで売っていた阿部も、今回のような騒動で身を滅ぼすとは…。


    https://myjitsu.jp/archives/144093


    【濃厚キスの代償!【阿部華也子】めざましお天気キャスター クビへ…】の続きを読む


    宇垣 美里(うがき みさと、1991年4月16日 - )は、フリーアナウンサー、元TBSテレビアナウンサーである。 兵庫県神戸市出身、1歳年下の妹がいる。 陸軍大将・宇垣一成は祖父の大叔父にあたる。 神戸市立歌敷山中学校、兵庫県立長田高等学校を経て、同志社大学政策学部に進学。中学時代は生徒会長をし
    20キロバイト (2,657 語) - 2020年11月19日 (木) 07:52



    (出典 e-talentbank.co.jp)


    美里ちゃん可愛い!
    この本買いました!!

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/11/23(月) 13:54:14.79 ID:CAP_USER9.net

    11/23(月) 13:47配信
    オリコン

    自身初の美容本
    『宇垣美里のコスメ愛 BEAUTY BOOK』発売記念取材会を開催した宇垣美里 (C)ORICON NewS inc.

     フリーアナウンサーの宇垣美里(29)が23日、都内で自身初の美容本『宇垣美里のコスメ愛 BEAUTY BOOK』発売記念取材会を開催。

    【全身ショット】オレンジ色の服できれいさを表現した宇垣美里

     本書では、宇垣のコスメ愛を徹底解剖。リアルに選んだアイテムを使った本人によるメイクHow to、いろいろ試した中で使い続けてるベストコスメ、第一線で活躍するヘア&メイクアップアーティストによる変身、さらに自身が語る生い立ち&今まで&これから、などのコンテンツが収録されている。

     自身の結婚観なども収められており“結婚はマストじゃない”とも本の中で語っているが「一生一緒にいたい人と出会い、結婚を決意することは尊いことだと思います」とした上で「それが結婚という形ではなくていいし、異性である必要もない。私自身もそうだし、人それぞれで良いと思うんです」と価値観を語った。

     また、愛犬を飼い始めたことを明かし、名前が“天ぷら”になった理由を報道陣からツッコまれると「初めて見たとき、ふわふわした茶色が天ぷらの衣みたいで(笑)。名前が天ぷらになりました」といい「帰ってきたら駆け寄ってくれるし、無防備に寝る姿もすべてが愛おしいです。この子のご飯代のために生きていこうと思いました」と並々ならぬ愛情を見せていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)
    ?w=640&h=596&q=90&exp=10800&pri=l
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fd8667916e93faa5ceb6b48a8963ee7d7c69d2e7


    【【宇垣美里】結婚観語る・・・“結婚はマストじゃない”】の続きを読む


    小林 麻耶(こばやし まや、1979年7月12日 - )は、日本の元アナウンサー(TBS→フリー)、キャスター、占い師。新潟県小千谷市出身。身長157cm。血液型A型。セント・フォース、生島企画室を経て、2020年11月13日よりフリー。 妹は元フリーアナウンサーの小林麻央。
    48キロバイト (6,794 語) - 2020年11月13日 (金) 16:34



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    これ誹謗中傷になりません???
    YouTubeでの発言は【男らしい】でしょうか???

    1 フォーエバー ★ :2020/11/15(日) 10:06:35.25 ID:CAP_USER9.net

    元TBSアナでフリーアナウンサーの小林麻耶(41)が、突然、『グッとラック!』(TBS系、月~金曜午前8時)の木曜コメンテーターを降板し、波紋を呼んでいます。

     11月12日(木)の朝、小林さんは自身のYouTubeの公式チャンネル
    「コバヤシテレビ局」でライブ配信を行い、降板させられたと発表。「ファッションコーナーのスタッフさんからいじめを受けていた」とも発言しました。同日すぐにTBSはいじめを否定。また、所属事務所・生島企画も12日、小林さんとの契約を終了したと発表しました。

    小林麻耶の公式YouTube(11月12日)より。なぜか笑顔で降板を発表

    ◆夫1人の動画で、志らくを「ダッサ」「男らしくない」
     

    降板させられた原因はわかりませんが、直前に、公式チャンネルにアップされた動画がいま注目されています。

    「小林さんが降板を言い渡されたのが11日午前中。その前日・10日夕方に、夫で整体師の國光吟(あきら)さん1人の動画がアップされています。2時間も話し続ける中で、『グッとラック!』MCの志らくさんを激しく批判したり、“いじめ”についても触れているんです」(芸能ライター)

    國光吟さんのオフィシャルブログ

     そこで2時間の動画をチェックしてみました。國光さんは視聴者からのチャットを見ながら話しているのですが、だんだん不機嫌になっていき、後半で志らくへの批判が飛び出します。

    「こないだね、なんか、『母親がいないのは不幸だ』と言ってる方がいましたけども、『そんなことない』って(麻耶さんが)言ったら、なんか言い訳がましく言ってましたけどね。あれダサいですね」

    「じゃ自分が母親なくしてみなさいよ。そんなことも想像できずに、意見言うな。(中略)あのMC、どうかしてますよ。ダッサ。『そんなつもりじゃない』とか言い訳してましたけど、ダッサ。言ってたじゃん。何ごまかしてんだよ、男らしくない。
     自分が正論言ってると思ってんじゃねぇよ。全然トンチンカンなこと言ってっから」

    2020/11/15 08:11
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw8465658?news_ref=50_50

    (出典 i.imgur.com)


    【【小林麻耶】の夫、國光吟さんの動画で志らくをメッタ斬り「男らしくない!」】の続きを読む


    安藤 優子(あんどう ゆうこ、1958年11月19日 - )は、日本のニュースキャスター、ジャーナリスト。ウェーブ産経代表幹事。テイクシンク所属。千葉県市川市出身。身長164.5cm、血液型はA型。 市川市立八幡小学校、千代田区立九段中学校卒業。1974年、東京都立日比谷高等学校に入学。高校在学中
    25キロバイト (3,288 語) - 2020年11月15日 (日) 01:29



    (出典 fnn.ismcdn.jp)


    34年ですか~お疲れ様でした。
    次の仕事あります???

    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/14(土) 17:22:27.75 ID:CAP_USER9.net

    フジテレビでの生放送生活にこの9月でピリオドを打った。今は亡き逸見政孝さんとコンビを組んだ夕方のニュース「スーパータイム」から、木村太郎さんと一緒に立ち上げた夜のニュース「ニュースJAPAN」、そしてまた夕方に戻っての「スーパーニュース」を卒業して、お昼の情報番組「直撃ライブ・グッディ」まで、なんと34年もフジテレビに通い、毎日生放送に臨んだ。

    その日常のルーティンがぼかっと無くなり、私にとってまさに「新しい日常」が始まったばかり。そんなある日の早朝急にダンナを職場まで送らなくてはならない事情ができて、我が家の犬2匹も乗せて、3週間ぶりにフジテレビのあるお台場に行った。犬を連れて行ったのは、ついでに近くの公園で朝散歩を済ませてしまうためである。誰かを送りにお台場に行く、という状況がやたら新しく、しかも犬連れ、不思議な感じだった。ガラガラの「お台場海浜公園」の駐車場に車を入れ、犬を降ろして散歩をした。

    「あの建物の中で」髪の毛振り乱して生放送をしていた自分

     人影もまばらなお台場の公園、ランニングウエアでさっそうと朝ランする女性、ご夫婦らしき年配の男女がゆっくりとウォーキング、海に向かってストレッチをする若めの男性、などなど、それぞれの時間をそれぞれに過ごしている。ものすごく平和。とても静か。で、見上げれば大きな球体を戴いたフジテレビの社屋が。

     あの建物の中では今このときもすさまじい勢いで人が動き、走り、怒鳴り、叫び、生放送を送り出していると思うと、そのすぐ足元の公園の風景は別世界である。ほんの少し前までは「あの建物の中で」髪の毛振り乱して生放送をしていた自分は、「あの建物の外」の営みの空気にどれほど気づいていたのだろうか。

    ニュースをお伝えする仕事をし始めて40年
     ニュースをお伝えする仕事をし始めて40年が経った。何を伝えるべきか、どう伝えるのか、毎日それなりに悪戦苦闘してやってきた。戦争があり、災害があり、飛行機事故が起き、政治が動いた。理不尽としか言いようのない無差別殺人があり、たくさんの命が一瞬で奪われる事件も多々起きた。毎日ニュースの発生しない日はなく、刻刻と変わる情勢に目を凝らし、どこよりも早く、しかも正確であることを心掛けた。かなり必死だった。

     でもどうだろうか。犬と散歩しながらふと目にした「あの建物の中で」実は一人「ニュース祭り」をしていただけではなかろうか、とそんな気がしたのだ。「これは大変なことになった」と意気込んでニュース速報をお伝えするとき、それがどれほど「建物の外」の人たちにとって重要なのか、どれほど意味があることなのか、私は思い及んでいたのだろうか。「建物の外」には、静かに流れる時間があり、変わらぬ個々人の営みがある。

    「たった今入ったニュースです」と勢いこんで速報を入れても「それがどーした」という反応の世界の存在に気づかされた朝だった。ニュースのリードと呼ばれる短い前説部分に時折「驚くべき〇〇」という文言が使われることがある。「べき」などとはなんと押しつけがましいことか。と思って「べき」表現が原稿に出て来るとそっと削除していたのだけれど、「今入ったニュースです!」も同じくらいある意味押しつけがましかったかも、と思った。

    私の日常は「ケツかっちん」のラッシュアワー
     業界用語に「ケツかっちん」という表現がある。「ケツ」は「お尻」で、「かっちん」は「ぴったり」くらいの意味で、合わせて「ケツかっちん」は、「ぴったり時間に終わらせる」ことを指す。こうやって書くとあんまりお上品な言葉ではないが、生放送はこの「ケツかっちん」の連続だ。

     何時何分何秒までにこのニュースを終わらせなくてはならない、の場合、「〇時〇分〇秒ケツかっちんで~す」と指示が入る。そして生放送を毎日やることは常に一日の行動に「ケツかっちん」があるわけで、毎日〇時〇分までには局なり現場なりに居て、〇時〇分〇秒ぴったりに放送を始めなければならない。だから勢い放送開始までの段取りがすべて逆算方式で「ケツかっちん」になってしまう。

     私の日常はそんな「ケツかっちん」のラッシュアワーみたいなもんだった。「新しい日常」はだから「ケツかっちん」の無い時間の流れのなかで、しばらく立ち止まって、よくよくあたりを見回して、自分なりにテレビとニュース、ちょっと偉そうに言えばテレビのジャーナリズムを、考えてみたい。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d98ff7266da4124a6a49821247a379decde48604

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【安藤優子】34年のフジ生放送生活振り返る・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ