てんこ盛り!芸能ニュース

てんこ盛り!芸能ニュースは2chまとめブログになります。
日々てんこ盛りでお届けします!

    カテゴリ: YouTuber


    島田 紳助(しまだ しんすけ、1956年〈昭和31年〉3月24日 - )は、日本の元お笑いタレント・漫才師・司会者・歌手・俳優・作詞家・プロデューサー。 本名は長谷川 公彦(はせがわ きみひこ)。京都府京都市南区出身。 漫才コンビ時代は紳助・竜介のボケを担当。コンビ解散後は、数多くの番組で司会者、プ
    95キロバイト (14,668 語) - 2021年2月10日 (水) 18:02



    (出典 dot.asahi.com)


    戻らなくていいです・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/10(水) 21:31:24.91 ID:CAP_USER9.net

    2/10(水) 21:26
    スポニチアネックス

    宮迫のYouTubeチャンネルに島田紳助さん電話出演でエール 
    「吉本戻った方がええ。俺が間に入るし」
    お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之
     お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(50)が10日、自身のYouTubeチャンネルを更新。芸能界を11年に引退した、元お笑いタレントの島田紳助さん(64)と電話で対談する場面があった。

     最近の事務所の退所が相次ぐ芸能界についての話題になると、島田さんは「辞めれるようになってんやな、『辞めても邪魔してはいけない』みたいになったら、そらみんな辞めていくよな」と一言。

     宮迫が「僕が開いた記者会見あたりが、きっかけになっているのかなということに関しては、芸能界の方々に申し訳ないなとは思っているんですけど…」と複雑な顔を見せると、島田さんは「昔なんか辞めれへんかったよね。もう後は義理を感じる会社やったかどうかは、個人の感じの違いやもんね」と語っていた。

     宮迫は「僕はなんとかしたいなともがいております」と事務所復帰についての思いを伝えると、島田さんは「吉本戻った方がええよ。戻ってから、辞めるんやったら辞めたらええねん。なんか変な感じで辞めてるから良くないわ」と言いながら「いつでもまた、会社と話しするなら全然俺が間に入るしな。焦らず行こうな!」とエールを送っていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    (出典 Youtube)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/47e766310f12b76c0638153a8334113fa27a0dba


    【吉本復帰に助言【島田紳助】宮迫のYouTubeに電話出演!「俺が間に入るしな・・」】の続きを読む


    西野 亮廣(にしの あきひろ、1980年7月3日 - )は、日本のお笑いタレント、絵本作家、著作家。漫才コンビ・キンコングのツッコミ担当。相方は梶原雄太。絵本作家としてのペンネームはにしの あきひろ。 名前の「亮廣」は、『三国志』の「諸葛亮(しょかつりょう)」から「亮」という字をとった。父が大の
    43キロバイト (5,749 語) - 2021年2月4日 (木) 10:49



    (出典 img.news.goo.ne.jp)


    信者の底力に期待・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/09(火) 08:14:40.89 ID:CAP_USER9.net

    2/9(火) 5:15配信
    東スポWeb

    本当は笑っていられない!?

     吉本興業を電撃退社した
    「キングコング」西野亮廣(40)が、自身の地元・兵庫県で計画している美術館の建設が危機に瀕していると、9日発売の「女性自身」に報じられた。吉本の強力な後ろ盾を失って資金難に陥りそうで、着工されておらずいまだに更地だという。だが、西野はすでに、このプロジェクトのために1億円の資金を注入済み。それでも「10億円足りない」と言われていて――。


     マネジャーが次々に交代するなどの対応に、吉本への不満を積もらせていた西野は、吉本とのマネジメント契約を1月30日付で終了した。現在は、個人事務所NISHINO(以下、N社)で活動している。

     今後、注目を集めそうなのが美術館計画だ。

     自身が描いた絵本が原作の映画「えんとつ町のプペル」は、興行収入18億円のスマッシュヒット。この作中の世界観をリアルに再現した〝プペル美術館〟を自身の出身地である兵庫県川西市に建設し、町おこししようとしている。

     本人は昨年4月に放送されたフジテレビ系のバラエティー番組「直撃!シンソウ坂上」に出演した際、N社の資金を投入して美術館建設用の土地を川西市内に購入したことを告白。金額には触れていないが、「会社(N社)が潰れかけた」と笑い飛ばした。

    「番組では土地の購入額は明かされませんでしたが、実際の金額は1億円超です。西野さんはN社のスタッフたちに知らせないまま、つぎ込んだそう。『1億で買っちゃった』と、ケロリと事後報告したから、スタッフたちは仰天したんです」(知人)

     また、今月9日発売の「女性自身」によれば、この土地は約350坪だという。これは、平均的な学校の体育館1棟分の広さにあたる。

     土地はすでに購入済み。あとは上物、つまり美術館の建設だ。この建設費の一部は、吉本がプロデュースするクラウドファンディング(CF)で、2400人から6256万円をすでに調達している。

     だが「女性自身」によれば、美術館建設は着工されておらず、現地は今でも更地のままだという。

     さらに、土地を担保にして西野が吉本から最大3億円まで貸付してもらえる、いわゆる根抵当権が設定されているそうだが、西野は吉本を退社したためこれ以上の貸付は望めそうにないという。

     このままでは、建設が進むかどうか怪しい状況になってきた。前出の知人は「建設費の総額には、当初の計画からまだ10億円ほど足りないと言われています」と苦笑交じりに明かした。

     西野は、自身のオンラインサロンで「信者」とも称されている熱狂的な会員から、年間8億円以上を徴収する〝錬金術〟を駆使しているが、10億円となるとさすがにハードルが高い。今後は建物の簡素化など建設費を下げることになるかもしれない!?


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0a901ff6fda0d8b7bdfa13d0da329ed4b31a049d


    【プペル美術館建設危機!【キンコン西野】建設費10億円不足!】の続きを読む


    へずまりゅう」というユーチューバーは「凸」と称して登録者の多い有名ユーチューバーの自宅を特定し、アポなしで訪れてコラボ動画を強引に依頼したり、ユーチューバーの家族を撮影したりするなどといった迷惑行為を繰り返すなどといった動画を投稿している。へずまりゅう
    24キロバイト (3,104 語) - 2021年1月22日 (金) 10:36



    (出典 reckankomplex.com)


    自業自得としか言えませんよね・・・

    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/02/04(木) 18:28:06.73 ID:CAP_USER9.net

    2021年02月04日 15時53分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2708604/

    (出典 img-tokyo-sports.com)


     引退を宣言した〝元迷惑ユーチューバー〟へずまりゅう(原田将大被告=29)の
    「ニセ謝罪動画」のせいで、山口で隠とん生活を送っている本人が大迷惑を被っている。

     へずまは昨年に威力業務妨害、信用棄損、窃盗などで逮捕、起訴され、保釈中の現在は地元の山口のスーパーでアルバイトの日々を送っている。先日、ユーチューバー仲間のコレコレ(31)を通じてSNSからの引退を宣言したばかりだが、いったい何が起きたのか。

     きっかけは「へずまりゅうから迷惑をかけたみなさまへ」という動画だった。過去にへずまがラファエルに対して謝罪した動画を偽者が編集し、あたかも現在謝罪しているかのようにアップされた。これが15万回再生を超える人気となり、逮捕後も動画を出していると勘違いした人がへずまの実家を襲撃したという。

     3日、コレコレが「コレコレチャンネル」でへずまのメッセージを紹介。「僕は復活もしないし、この動画のせいで怒った人が家に襲撃に来ました。襲撃してきた人もこの動画をアップした人も告訴します」と被害届提出も辞さない構えで、コレコレも「さすがにかわいそうレベル。過去にふざけてイキった結果がこれ。代償はでかいね」と同情するやらあきれるやら…。

     地元では学生らによる盗撮にも頭を悩ませているらしく、SNSを封印しても平穏な時間は遠いようだ。


    【実家が襲撃された!【へずまりゅう】引退後に報復か・・・?】の続きを読む


    宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年3月31日 - )は日本のお笑いタレント、YouTuber、実業家、歌手、俳優、司会者、声優。 本名同じ。大阪府茨木市出身。金光第一高校卒業。 過去にお笑いタレントとしては蛍原徹と共に雨上がり決死隊、歌手としては山口智充と共にくずとして活動していた。後述す
    38キロバイト (4,761 語) - 2021年1月31日 (日) 02:17



    (出典 hochi.news)


    いやいやYouTubeで頑張って下さいよ・・・

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/04(木) 09:49:14.67 ID:CAP_USER9.net

    2/4(木) 7:01
    FRIDAY

    宮迫博之が
    「テレビ本格復帰宣言」頼りは明石家さんまより田村淳か
    吉本から独立後も、テレビ出演を熱望する宮迫。明石家さんまが後見人を買って出たが…
    「オファーがあるものに関しては今後引き受けていこうと思います」

    雨上がり決死隊の宮迫博之が自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』の1周年を迎え動画で感謝を伝えた。宮迫は今後の動画配信スケジュールや目標などを話したが、その中で、

    「『アメトーーク!』に最初に戻るということを明言してしまっていたので、テレビ関係からいただいたオファーを『アメトーーク! が最初なので』と、すべてお断りしていましたが、僕にお声をかけていただいたものを断るのはどうなんだろう」

    と考えるようになり、今後は『アメトーーク!』以外の番組のオファーを受ける考えを示した。しかし、他の番組に出演しても相方である蛍原徹の横である『アメトーーク!』の出演が最終目標ということには変わりないとした。

    そもそも宮迫はすでに地上波で復帰を済ませている。

    昨年12月28日の生放送『クイズピンチヒッター』(フジテレビ系)で、「この人は大物だ!と思う知り合いとつながってください」というお題に対し、「ロンドンブーツ1号2号」田村淳がサプライズで電話したのが宮迫だった。最初は戸惑いながら電話で話していたが、途中でテレビ電話に切り替え、1年半ぶりに地上波に復帰した。

    「復帰初は『アメトーーク!』ということに固執していましたが、すでにサプライズという形で、その目標は崩れています。宮迫さんの中で“それなら他の番組にも出てやろう”と考え直したのかもしれませんね。複雑な心境だとは思いますが、淳さんに感謝しているのではないでしょうか」(女性誌記者)

    そして目標を変更したことを、すでに蛍原やプロデューサーには伝えたという。

    一方、吉本興業の岡本昭彦社長の「パワハラ告発」を、勝手に開いた会見で暴露した宮迫は、吉本との関係を修復できるのかという問題は以前残っている。

    「吉本というのは“メンツ”を大切にする傾向があります。キングコングの西野さんもあれだけ吉本に力量を買われていたのに、結果的に会社をバッシングした瞬間に契約解除になりました。吉本は幹部たちの一存で重要なことを決められるトップダウンの会社です。公衆の面前で会社に泥を塗った宮迫さんを一切許す気はないと思いますよ」(芸能プロ関係者)

    岡本社長は後日、パワハラについて謝罪する会見をしたが、しどろもどろでさらに世間に醜態をさらす羽目となった。そんな中、宮迫の復帰について難航が予想されている中、難なくテレビに出演させたのが淳だった。

    「淳さんは吉本の中でも別格なんです。亮さんがあっさりと復帰できたのも吉本との間に入って、エージェント契約という落としどころを模索して解決したからだ、と言われている。亮の復帰会見も吉本が全面協力しましたからね。

    吉本は淳さんに一目置いていて、宮迫さんを復帰させたことについても面と向かって文句は言いづらいと思います。宮迫さんの“後見人”として明石家さんまさんが名乗りを上げましたが、いざという時に頼りになるのは淳さんの方かもしれませんね」(スポーツ紙記者)

    しかし当の淳は1日に配信したYouTubeの動画でキングコング・西野の退社について語ったが、その中で吉本に対し「マネージャーがころころ変わることは自分も納得できない」とコメント。淳自身も一時期吉本を退社する気でいたそうだが、亮の復帰の件で吉本に親身になって協力してもらい、“いい部分”が見えたので今は満足していると語った。

    しかし一方で、「今後、僕がやる活動に対して制限が加わったり、事務所に迷惑をかけてしまったりするなら退社するかもしれない」とも発言。現状に満足しつつも“場合によっては吉本を退社する”と牽制するなど、バランスをはかる淳らしさものぞかせた。

    先輩である宮迫がくすぶっているところを助けたキーマンはそんな淳だった。今後、淳の番組から宮迫にオファーをする可能性もゼロではないだろう。その時吉本はどう動くのかが注目だ…。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3d2ab0e84a29e5ebf6d4d489d076303f46b57fb2


    【【宮迫博之】テレビ本格復帰へのキーマンは田村淳か?】の続きを読む


    フワちゃん、都大会3位の俊足少女時代! フワママ&フワ叔母も活躍に「うれしい」”. 週刊女性 (2020年6月3日). 2020年6月4日閲覧。 ^ Wikipediaの真偽を確かめるフワちゃん - YouTube ^ a b c “「生きていることがエンタメに」ユーチューバー芸人・フワちゃんがバズるワケ”
    28キロバイト (4,107 語) - 2021年2月3日 (水) 23:08



    (出典 wezz-y.com)


    はい!苦手です・・・

    1 muffin ★ :2021/02/04(木) 12:58:59.85 ID:CAP_USER9.net

    https://www.jprime.jp/articles/-/19985
    2021/2/4

    いまやテレビで見ない日はないくらい売れているフワちゃん(27)。だが、苦手だから見たくないという人も多いだろう。実際、そんなに面白くはない。面白ければ、芸人時代に売れていたはずだ。

    彼女は芸人として芽が出ず、ユーチューバーとしてブレイク。その得体の知れないキャラと、そこを活かした奇抜なパフォーマンスでのしあがった。その背景には、忖度やらお約束やらに縛られ、バラエティーが予定調和化している事情がある。彼女はその
    「タメ口」に象徴される芸風で、予定調和を崩し、今のバラエティーにはない笑いをもたらすのだ。実際「タメ口」について本人は、ヤフーニュースのインタビューで、こんな説明をしている。

    「あたしはついこの間まで素人だったから、テレビを見て『松ちゃん』とか『さんま』って言っていた。だから、やっぱりそこは律義な感じで呼び捨てにしたい」

    変に業界っぽくなるより、素人感覚を大事にしたいというわけだ。ただ、芸能人をテレビで見ているときと、自分も芸能人として現実に会話しているときとでは、まったく別の話である。しかも、彼女の場合、自分のことは「ちゃん」づけで呼ばせるのだから、無礼以外の何ものでもない。

    とはいえ、こういう芸風は意外と大物たちにもウケる。例えば、同じように「タメ口」で売れたヒロミがそうだ。彼は若いころ、ビートたけしをタケちゃん、タモリをタモさんと呼び、その懐に飛び込むことで出番を増やし、自分の格も上げていった。

    なぜ、これが成功するかというと、大物たちも案外、懐に飛び込まれることを喜ぶからだ。かつて、若者に支持されて世に出た人は、若者文化から浮くことを怖がったりする。新たな人気者と仲よくすることで、若者にも好かれたいのである。まして今は、テレビ自体が斜陽化している。業界全体としても、ユーチューバー出身の彼女を出すことで、ネット支持層も取り込めるのではという、せこくも切実な思惑があるわけだ。

    おそらく彼女は、そのあたりのこともわかったうえで、あえて傍若無人に振る舞っている。いわば「若気のいたり」を武器にしているのだ。ある程度の年齢なら、誰しも覚えがある「若気のいたり」の恥ずかしさ。それをむき出しにしていることが、人によっては不快でたまらない。これは老害ならぬ“若害”である。
    続きはソースをご覧下さい


    【【フワちゃん】タメ口で成功?業界の思惑とは・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ